南相馬米's

晴れの日キッズ突撃隊
晴れの日キッズ
突撃隊



2022年

晴れの日キッズ突撃隊

生産者育成日記を盛り上げる強力助っ人! 

トモダチプロジェクトの
CASTが体験レポート

お米のあれこれをこども目線で取材し、
わかりやすくお伝えします!

【トモダチプロジェクト】
2011年、代表の狩野菜穂さんが東日本大震災をきっかけに南相馬で誕生させた「みんなのうた」。この1曲が繋いだ南相馬と杉並の子ども達が、歌と踊りを通じて交流を続けていくプロジェクト。
歌とダンスのレッスンを通じて表現力を磨き、協調性を身につけ、南相馬や杉並の友達や講師とのコミュニケーションを通じて、礼節と感謝の念を学ぶ。幼児や小学生のみに限らず、中高生、大人たちにも、ダンスや歌を通じて自己表現の喜びを感じてもらえる活動を様々に行う。







晴れの日キッズ突撃隊
いよいよ収穫の日!

 5月15日の田植えから4ヶ月半、みんなで「いただきます!」する日がやってきました。まずは高ライスセンターの佐々木社長から、やり方を教えてもらいます。
「手は刈らないようにね。みんなに配るのはのこぎり鎌。これで稲はみんな引っかかるから、あとはやってみよう!」
お手本に一発でサクッと稲を刈った社長の無駄のない動きに、みんなから「お~!」と歓声が上がります。
さぁ、あとはみんなでやってみましょう!

南相馬米's

さっそく鎌を渡されて田んぼへ。「取ったど~!」「刈ったど~!」と、低学年チームは刈り取った稲を掲げてガッツポーズ!高学年チームは黙々と刈り取って行きます。まるで人間コンバインみたい…。

南相馬米's

「あ、なんか本物が来た!」
見るとあぜ道にコンバインが登場。田んぼに入り、あっというまに稲を刈ってきます。そこに低学年チームが駆けて行って叫んだのは…「私たちが稲刈りするんだから、刈っちゃだめ~!!」。頼もしい子どもたちだなと、稲に止まったトンボが笑っていました。

南相馬米's


いざ実食!
待ちに待ったみんなで「いただきます!」

試食するのは、2日前に稲刈りした、刈りたてほやほやの新米。それを炊飯器でなく羽釜で炊きました。ふたを開けると…?
「うわぁ、うまそう~」「いい匂いがする!」「粒が違う!」と歓声が。
いよいよみんなで、待ちに待った「いただきます!」です。お母さんたちが仙台芋煮と山形芋煮も用意してくれて美味しそう。
「もちもちしていて美味しい!」「おかわりください!」と、いつもと違う炊きたての新米にみんな大満足。東京から来ている突撃隊のスタッフさんは「美味しい。東京に帰れなくなる」と笑顔。自分たちで田植えや稲刈りしたんですもの、最高ですよね。
突撃隊、大成功!佐々木社長、ありがとうございました!

南相馬米's

今年の「天のつぶ」も大成功!
稲刈りが終わっても、次の仕事が待っています。

特定農業法人 有限会社 高ライスセンター
代表取締役 佐々木 教喜 さん

●今年の「天のつぶ」は美味しくできましたか?
 今年は上手い具合に天気が良く、雨もほど良く降ったので、すごく出来がいいです。粒も大きく仕上がって、美味しいです。

南相馬米's

●稲刈りは終わりましたが、来年の田植えまでどんな作業があるのでしょうか。
 うちは麦や大豆もやっているので、まずは麦まきをし、それが終わったら大豆の収穫。その後は年内中に来年の田植えの準備で耕起(田おこし)をします。これからも忙しいんですよ。

●高ライスセンターの今後の展望は。
 会社の将来だけでなく、地域の農業の未来のために、若い人を頑張って育てていきたいと考えています。

●「天のつぶ」のPRをお願いします!
 今年の「天のつぶ」は大変美味しいです。私も突撃隊のみんなと一緒に食べましたが、こんなに美味しかったのかと思うくらい(笑)。ぜひ食べてみてください。

南相馬米's




南相馬市 南相馬市

経済部農政課
〒979-2195 福島県南相馬市小高区本町二丁目78
TEL:0244-44-6807 FAX:0244-44-6047

Copyright minamisomamai. All Rights Reserved